乳毛?乳首周りのムダ毛処理は毛抜きは危険!

お風呂とか、着替えの時にふと胸を見たら、ピーンと黒い毛があって、髪の毛でもついたかな?と思って取ろうとすると、「痛っ!」ってなって、その時はじめて乳毛が!とか、乳輪からムダ毛が・・・生えていることに気が付きます。

 

まさか自分の乳首から毛が生えるなんて!そんなことはあってはいけない!と思って、ピッと抜いてしまおうと思うのですが、なかなか抜けない!

 

ってことで毛抜きでムダ毛を抜いたりするわけです、場所が場所だけに傷とかトラブルになっちゃうのもちょっと怖い。

 

もちろん、カミソリで剃るなんてことはできない。

 

乳首・乳輪周りのムダ毛ってどうやって処理するのが正解なんでしょう?

 

雑菌が入ると大変なのでやっぱりプロに任せる?

さすがに乳毛が生えてる!って友達に聞くのも恥ずかしいので、何かいい解決策がないか?と思ってネットで乳毛、乳首周りのムダ毛処理方法について調べてみました。

 

すると、けっこうわたしと同じように乳毛のムダ毛処理で悩んでいる人って多いんですね。

 

多くの人が、やっぱり毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりというムダ毛処理方法をおこなっているみたいなんですが、最近の傾向としては、ムダ毛処理で毛抜きで抜く、カミソリを使うというのはNG!って感じですよね。

 

やっぱり毛穴を傷つけてしまって雑菌が入ったりしてトラブルになったり、毛穴が広がったり、たるんだりという原因にもなるようですからね。

 

なので、安全に乳毛処理をするということであれば、やっぱり脱毛サロンやクリニックでプロに任せて脱毛してもらうというのが安心なんでしょうね。

 

ただ、エステシャンが女性というのは分かっていても、バストトップを見られるというのはやっぱり恥ずかしい。

 

出来れば、自分で処理したい!

 

でも、毛抜きもカミソリも使えないとなると、どうやって処理するのが安全で、しかもキレイにできる?ってことなんですが、1つは、脱毛ワックスで脱毛をするという方法。

 

あとは、家庭用脱毛器で脱毛するという方法が考えられます。

 

除毛クリームで除毛する!という方法もありますが、除毛クリームが肌に合わない人にとっては、乳首周りに使うのは、ちょっと不安ですよね。

 

 

脱毛ワックスも、ちょっと乳首は痛そう。

 

そうなると、性能のよい家庭用脱毛器で処理するのが良さそうです。

 

脱毛器でも性能が高くないと効果が得られない

乳毛の脱毛を家庭用脱毛器でする場合、やはり高性能の脱毛器じゃないとうまく脱毛効果が出せない!ということもあります。

 

これは、脱毛サロンでも同じなんですが、脱毛サロンで日焼けした肌やほくろなどがあると脱毛が難しい!という話を聞いたことはないでしょうか?

 

実は、普通のフラッシュ脱毛器というのは、黒いものを狙って照射して脱毛をするので、もともと肌が日焼けなどで黒くなっていたり、ほくろなどがあると、そちらにパワーがいってしまって、脱毛効果が得られないことがあるんです。

 

だから、場所的に乳毛ってことで他人にみられず自宅でこっそり乳毛脱毛したいと思っていても、乳首付近の色によっては、なかなか効果が得られないことも考えられます。

 

なので、家庭用脱毛器も高性能のものを選ばないと乳毛処理には難しい可能性があります。